第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会熊本県代表決定戦

組み合わせ

男子|女子

ファイル

諸連絡
審判・補助員割り当て
運営計画


大会要項
申込書

主催

熊本県バレーボール協会
熊本県高等学校体育連盟・産経新聞社・サンケイスポーツ・テレビ熊本

後援

熊本県教育委員会・熊本日日新聞社

主管

熊本県バレーボール協会高校部会

期日

令和元年11月9日(土)・10日(日)・16日(土)

会場・競技日程

第1日目 11月9日(土)1~3回戦
熊本市内高校体育館 他

第2日目 11月10日(日)準々決勝・準決勝
熊本市内高校体育館 他

第3日目 11月16日(土)決勝
人吉スポーツパレス

競技規則

令和元年度(公財)日本バレーボール協会6人制競技規則による。
ただし、ネットの高さは、男子2.43m、女子2.24mとする。

競技方法

(1) トーナメント方式とし、3位決定戦は行わない。
(2) 1回戦から準決勝までは3セットマッチ、決勝戦は5セットマッチとする。

参加資格

チームは、熊本県バレーボール協会に令和元年度に有効に加盟されていること。また、監督・選手は(公財)日本バレーボール協会個人登録システム(以下、JVA-MRS と略)により有効に登録されていること。さらに、下記の要件を満たすこと。
(1) 選手は、学校教育法第1条に規定する高等学校に在籍する生徒であること。
(2) 年齢は、平成13年4月2日以降に生まれた者とする。ただし、出場は同一競技3回までとし、同一学年での出場は1回限りとする。
(3) チーム編成において、全日制課程、定時制課程、通信制課程の生徒の混成を認めない。
(4) 統廃合の対象となる学校については、当該校を含む合同チームによる大会参加を認める。
(5) 転校後6ヶ月未満の生徒の参加は認めない。(外国人留学生もこれに準ずる。)ただし、一家転住等やむを得ない場合は、協会長の認可があれば、この限りでない。
(6) 参加選手は、あらかじめ健康診断を受け、在学する学校の校長の承認を必要とする。
(7) 学校教育法第1条に規定する高等学校以外の参加については、全国高等学校総合体育大会参加基準に準ずる。
(8) 大会初日の監督会議までに、会場受付へ所定の参加申込書を提出すること。(失念その他で提出ができないチームの試合は没収試合とする。)

チーム編成

(1) チームは、監督・コーチ・マネージャー各1名、選手14名以内とする。(注 参照)但し、選手登録は18名
以内とする。
(2) 外国人留学生の参加については2名までを(登録)とし、内出場(コート内)は1名とする。

引率・監督・コーチ・マネージャー

(1) 引率責任者は当該校の教員とする。(エントリー外の場合は、ベンチには入れない。)
(2) 監督・コーチは校長の認める当該校の職員又は外部指導者とし、外部指導者の場合は傷害・賠償責任保険(スポーツ安全保険等)に必ず加入することを条件とする。(外部指導者は、県高体連へ報告(登録)
を済ませておくこと)
(3) マネージャーは、当該校の職員又は生徒でなければならない。

参加申込

JVA-MRS 大会参加申込にて、下記の日時までに申込むこと。また、別紙の申込書に必要事項を記載したものを、大会初日会場受付に提出すること。その際エントリーをJVA-MRS での申込みからエントリー変更をした場合は訂正箇所を朱書きで提出すること。 (失念その他で提出ができないチームの試合は没収試合とする。)
(1) 申込
1.参加申込をJVA-MRS にて申込むこと。
2.学校紹介文・チーム紹介文および写真 (JVA-MRS へ入力・添付)
※学校紹介文・チーム紹介文に入力箇所は1ケ所のみで1000文字以内となってますが、1ケ所にそれぞれを改行し100文字程度で入力下さい。写真はチーム紹介にふさわしいものをお願いします。なお写真が低解像度の場合、不鮮明な状態でパンフレットに掲載されてしまいます。画素数にもご注意下さい。
(2) 申込期限 令和元年10月2日(水) 12:00入力完了のこと。
[時刻を過ぎますと自動的にシステムが参加申込を受け付けなくなりますので、ご注意下さい。]
※ 不参加の場合も、下記問合せ先へ必ずご連絡をお願いします。(FAX可)

参加料

8、000円 (大会初日に受付でお支払いください)
※ 参加申込後の棄権・辞退の場合でも、参加料は支払うこと。

抽選会

組み合わせ抽選会は10月8日(火)濟々黌高等学校で、熊本県バレーボール協会高校部会にて行い、その結果はメールにて通知するとともに、JVA-MRS の掲示板・熊本県バレーボール協会のホームページにも掲載する。組合せ結果の郵送は行いませんのでご注意ください。

その他

(1) 監督・コーチ・マネージャーは、規定のマークを左胸部につけること。
(2) 選手は規定のユニフォームを着用すること。
(3) リベロプレーヤーは色の異なる(他の競技者と対照的な色の)ユニフォームを着用すること。
(4) 参加申込後の監督・コーチ・マネージャー・選手のメンバー変更は、大会第1日目の監督会議までであれば認め、それ以降の変更は認められない。(申込締切前であれば、システムでメンバー変更は何度でも可能ですので、できる限り変更を済ませておいて下さい。当日のエントリー変更は急なケガ等の最小限に留めて下さい。競技担当役員のチェック作業が増えると開始時間が遅れる可能性があります。)
(5) 1回戦から準決勝戦まではワンボールシステムとし、決勝戦のみファイブボールシステムとする。
(6) 使用球は、(公財)日本バレーボール協会検定人工皮革カラーボールとする。
男子:モルテン(V5M5000)、女子:ミカサ(MVA300)
(7) 男女優勝チームは、令和2年1月5日~12日の全国大会(東京都)の出場権を得る。
(8) 参加料のほかに傷害保険料が一人100円必要となります。大会会場受付でお支払いください。
(9) プログラム販売(1部500円の予定)をします。エントリー人数分の購入をお願いします。
(10) 過年大会本部で用意しておりました監督の昼食ですが、経費削減の為ご用意致しません。今後ともご理解とご協力をお願いします。

※ 競技規則等に変更がある場合は、大会第1日目の監督会議にて説明します。
※ 本大会の問い合わせ先
熊本県バレーボール協会 理事 太田黒 景司 (済々黌高等学校)
TEL 096-343-6195
FAX 096-346-8943